« 台湾です | トップページ | こんなのが・・・@台湾近代建築の旅 2 »

2015年2月11日 (水)

台湾人は親切♪@台湾近代建築の旅 1

台湾から、昨日夜遅く帰ってきました。

初めての国へ行くといつも思いますが、どこの国も行ってみなくちゃわからないです、ほんと。どの国も本当に勝手なイメージを抱いているもの。 しかし、台湾は特に今迄のイメージとは程遠く、とてもいいところでした。近いし、気楽に行けるいい国ですね。

でも、寒かった~~~

こんなに寒い寒いと口にしたのは、何年ぶりのことか・・・

だって、暖房がないんです。 部屋もバスの中も・・・

大体12度位だったかな・・・12度くらいというと日本では暖かいイメージですが、暖房の無い台湾での12度は寒かったぁ!!!特にバスの中が寒い~~ぶるぶるぶる~~  それに12人なのに、超大型バスで~~がらんがらんだよ~~ サブいいいいいいxxxxxxxxぃいい

ノスタルジック近代建築の旅、少しずつ書きますが、最後の最後に涙がぼよよーーん。 じわーーと、出てきちゃいました素直な涙。最後の最後に涙で終わった台湾旅行。 人の優しさに触れた素晴らしい旅行でした、台湾。

おととい、故宮博物院のレストラン「故宮晶華」でのランチのあと、ツアーの皆さんとお別れ、一泊一人で延泊しました。 何故なら、ゆっくりと一人で故宮博物院を見たかったことと、このところ、ずーーとツアー旅行ばかりだったので、海外を一人で動く感覚を取り戻したかったのです。 もう随分と一人で歩いていません、海外で。Img_7273003

一人になると、なーんか緊張するわ~ バスに手を振って、ニコニコで別れたものの、博物館の入口はどこ? わたしゃ、これからどうすりゃいいの~~??? 苦笑

Img_7271001
ま、30分後には、るんるんで歩いてましたがね~~♪ 逆にいうと、一人に慣れるのに、30分もかかったともいえる。。。うーーん、なんだか年とったかな・・・ 

こんな話を長々としていると涙の話にまで辿り着けないので、ぶっ飛ばしますが、故宮博物院では陶磁器のコーナーをとても楽しみにしていました。若い頃お世話になっていた焼き物の先生からよく話を聞いていた博物院。その頃、先生が力を入れて作っていらしたのが青磁。その青磁のお手本となる青磁の器が目の前に現れた時、納得できました。あー、先生が目指していらしたのはこの器だったのだと・・・

20代の頃、毎日轆轤(ろくろ)を前に、焼き物の世界に没頭していた頃を懐かしく思い出しました。あんな頃もあったな~~♪ 先生がいつも泊まってらした巨大で真っ赤な円山大飯店を右手に見ながらタクシーでホテルへ向かいました。

夜はマッサージも行ったよ~~めちゃくちゃもみくちゃにされました~~叩いたり、引っ張ったり、踏まれたり・・・ なんて話はまたまたいいとして・・・

+++++

さあて、翌朝のこと。帰りの桃園空港までどうやって行こうかな・・・

すぐそばのホテルから空港へのリムジンバスが出ているというので行って聞いてみると、30~40分に一本だよ~時刻表はないから、いつ来るか待ってないといけないから、大変だよ。タクシーで行ったら~とはホテルの人。それも一杯ホテルに寄るから90分もかかるよ。

タクシー代を聞くと、約1200元。4倍すると5000円近くするではないですか・・・ホテルの人は日本人はそれぐらい皆当たり前だよ~なんていう感じ。

それとも台北駅からは新幹線で行ける方法もあるけど、どうしよう? なんて考えながら・・・ま、いいかー、荷物も大きいし、タクシーにしようかと、ほぼ決めて、ひとまず、行きたかった茶芸館(紫藤盧・ヅートンルー)に向かいました。

Img_7358
それが、それが、この茶芸店、めちゃくちゃ良かったんです。 あー、今、書きたいけど、じーーと我慢して、、、

日本統治時代の建物なんです。味があって・・・

Img_7362
というところでやめといて・・・

大満足して気分は上々。お財布には空港までのタクシー代1500元を大事に残して、、、最後にランチに小ロンポウでも食べようかな・・・なんて迷ったけれど、ま、早めにホテルに帰ることにしよう・・・何事も余裕を持って・・・♪ なんて思いながらタクシーに乗り込んだのでした。

タクシーの運転手さんがこれまた親切で、英語がべらべら。 日本語より英語のほうがいいみたいで、楽しくおしゃべり~~ そうしたら、チャイニーズニューイヤーの真っ赤なポスターをどうぞ~なんて貰っちゃいました。 ありがと~~!!!

浮き浮きでホテルに入ったら、な、な、な、なぬ~~~!!!

前の日までガイドをしてくれていた林さんが、目の前に座っているではないですか・・・!!!

林さん~~!!!

あー、二宮様~~!!!

会えてよかったです。 私、やっぱり二宮様が空港に行く行き方が気になって・・・一番いい方法があります。あまり綺麗なバスではないけれど、簡単で安く行けるから・・・私、今からちょうど仕事へ行く途中だから、タクシーで連れて行ってあげます。二宮様途中で降りてバスに乗ってください。

ほー、ありがたや~~

言われるままに急いでタクシーに乗り込み、空港行きのバス停へ。大丈夫と言うのに、私やっぱり一緒に降ります。5分歩くだけだから、私、5分ぐらい歩くの平気だから~と、いって一緒に降りてくれて、切符売り場のおばさんに、私の事を説明。 

「この人、空港行きのバスが来たら教えてあげて下さい、第二ターミナルで降りるように行って下さい。」

林さんはおばさんにきっとそう伝えて、歩き去っていきました。

彼女は本当に歩く距離は5分だけなのでしょうか。。。

ありがとう、林さん。嬉しかった~~

それからです。おばさんは「二航」と書いた紙を私にくれて、バスの運転手さんに見せなさいと・・・皆、めちゃくちゃ親切~~ バスが来たら、おばさん、ちゃんと教えてくれました。それどころか、運転手さんに私のことを説明して、第二ターミナルで降ろしてあげてくださいと・・・ありがとう、おばさん。

Img_7394         バス乗り場で、この方が親切にしてくれたおばさん♪

なにがあまり綺麗なバスじゃない、ですか・・・

乗り込んだバスはとても綺麗な座席のバスでした。

Img_7396
このバスだと、すぐにハイウエイに乗るので、とても早く行けるのだそうです。

それも料金もタクシーの10分の一 ありがとう~~♪ 林さん!!!

Img_7397
そして、またまた運転手さんも、第二ターミナルに着くと、わざわざ私のところにやってきて、降りなさいと・・・運転手さんは席から大声で教えてくれるものとばかり思ってました。

林さんの去っていく後姿を見ながら、こみ上げてくるものがありました。

前の日で、さようならで当然なのに・・・

気がつけば、あれよあれよといううちにバス乗り場につれてきてもらって、タクシー代まで払わせてました。あなたの気持ちは忘れませんよ、林さん。 今回は特別な旅で、あなたはかなり疲れていた事を知ってますよ。それなのに、私の為にわざわざ時間を作ってくれて、大きな大きな贈り物を有り難う~~

人の優しさに国境は無い

では

*****

|

« 台湾です | トップページ | こんなのが・・・@台湾近代建築の旅 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

h 台湾近代建築の旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。