« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

良いお年をお迎え下さい

Masaimara
今年もたくさんの方にブログを読んで頂き、本当に有り難うございました。

今年最後はケニア、マサイマラからソーセージツリーの写真です。

実は、突然マサイマラにいます。

素晴らしい平原ですよ~~

Masaimara3
こんな可愛いテントに泊まってます。

Masaimara2
夕日も素敵です。

なーんて、まさかねー♪

現実は大掃除してますわよ♪

ほほほ、誰か騙されましたかしら?

これはね、きのう息子から送られてきた写真です。 リクエストしたソーセージツリーを写して送ってくれたと言うわけ。 私も行きたい~~

Img_0185              ネパールで買ってきたカレンダーも飾りました。

今はしっかりと現実をこなしています。

やることやって、また次の旅です。

ここ数年、両親が次々とこの世を去り、変化の多い年が続きましたが、今年で大きな節目を越えたかなと思っています。 介護の反動のように今年は旅行をしました。いい時間でした。目の前にした景色は、ぐんぐんと身体に沁みこみ、心を膨らませてくれました。次へのエネルギーになっていくことと信じています。

後回しにしていた諸々の整理も終わりました。 取り残された両親との懐かしい品々とゆっくりとお別れしながら、心の整理もしっかりと出来ました。 かなり疲れましたが、両親へはしっかりと感謝の気持ちは伝えたので、もう品々は無くて大丈夫。 

すっきりとした気持ちで新年を迎えられそうです。

来年は

どんな方との出会いが待っているのでしょう。

どんな花と出会えるのでしょう。

今年一番好きになった言葉は うきうきうっきん♪ という言葉でした。

西表島で泊まった民宿の方が 「うきうきうっきん」というウコンの商品を作ってらっしゃるのです。

8a6c43e2_2
その民宿で耳にしたこの 「うきうきうっきん」という響き。 

いいと思いません?

ね、 うきうきうっきん~~♪

人生 山あれば谷あり

色々ありますが、うまくバランスとって、 うきうきうっきんでいきましょう。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

まだまだ、買い物行かなくちゃ~~

では

*****

 

| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

大樹のヒマラヤザクラ@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 23

Img_0630003

最後に出会った大樹のヒマラヤザクラ in Dhamps です。

見事でした!

はるばるネパールまで出かけた甲斐あって、期待のヒマラヤザクラは満開の姿を披露してくれました。ヒマラヤザクラがこんなに丸い姿になるには相当の年月が経っていると思われます。しばし、この桜をうまく表現しようと考えましたが、うまく言葉が出てきません。

有り難い。。。 

こんなに素晴らしい姿が見れて本当に有り難い。

有り難い光景や出来事を経験したときに、すっと出てくる言葉が有り難う、なんですね。

Img_0724002

こんないい経験をさせてくれて有り難う。

Img_0707001

何度言ってもいい足りない有り難うをこの桜から貰いました。

またいつか再会することもあるかな?

いや、作りましょう、そのチャンス♪

皆、大満足でこの場を離れ、旅の最終章、ポカラ~カトマンズ~日本へと向かいました。

今も思い出すネパールのゆったりとした空気の流れ。

心地いいです。 

いらいらするときもあるでしょう~ いえいえ、しょっちゅうかも?!笑 その時は この豊かなヒマラヤザクラを思い浮かべることにしています。 今のところ、大成功!

Img_0684001
桜とヒマラヤの山々、とてもお似合のコンビでした♪

旅は、この後もポカラ~カトマンズの市内観光を経て成田に辿り着きました。その間も沢山の楽しい想い出があります。 美味しいものも食べたし・・・ うんうん、鍋のギャコックがモモが、ヒマラヤそばが・・あー、美味しかった~~ ですが、ひとまず、今年もそろそろ終わるこの辺で終了とすることとします。

きっとネパールは再度、再々度と訪れるような気がします。それほど、心の落ち着く国でした。 一緒に旅をして頂いた仲間の方々、高橋先生、そして主催会社アルパインツアーに心より感謝いたします。

さあ、今年も残すところあと一日。

おせちの買い物に行かなくちゃ~ 黒豆炊きながら書きました♪

では

*****

| | コメント (1)

2014年12月29日 (月)

バングラ@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 22

夜になると疲れて、パソコンに向かえませんでした。こりゃ、いかん!もう4日も書いてない! と、今日は昼間にPCの前に座ってます。

異常な忙しさも体調の変なのも少しましになってきました。

さ、書いちゃいましょう、ネパールの旅。

Img_0170001
ネパールから買って帰ってきて、一番気に入っているものはこれ。 ベッドヘッドの壁にかけて眺めてます。 パイナップルみたいに見えるのはシャクナゲの模様なんですよ。

これは何かと言うと、グルン族の民族衣装。

バングラといいます。

Img_0200001
こんな感じで着ています。

Img_0618003
物を入れるのにもとても便利。

Img_0398
ダンプス村のロッジの庭先で、こんな風景に出会いました。

おばさんが、何か一生懸命作業をしているのです。何をしてるんだろう? 覗いてみると、布のふさを一生懸命作っているところでした。 なんでもないように見える作業、よく見てみるとくるくるっと器用に作っていく様子に仰天! わー、器用なこと!

Img_0399
まずは2本ずつ2組のふさを作り・・・それも4本が一度に2組のふさになるのです。

Img_0400
ヘーっと、思って感心してみていると、次はそのまま、くるくるっと2本を一本のふさに仕上げます。

Img_0401

おー、出来た! これをひたすら繰り返してふさを仕上げています。

もちろん、この布自体も、このおばさんが織ったものだそうです。

この細長い布を4枚繋げたのが、バングラという衣装です。

記念に買えますか? と、聞くともちろん、でも今作ってるからちょっと待ってね。 ということで仕上げてもらって頂きました。

部屋の中でも、インテリアの小物としてこんな風に飾られていました。

Img_0590
全部仕上がったものもあるよ。ということで見せて貰ったのが、一番上の写真のバングラ。ちょっと迷いましたが、購入することに。 4000ルピアだったかな・・・45ドルで買いました。この時迷ったけど、今になると一番いい思い出の品になっています。

Img_0572
朝食の時に、デボス君に、「ねー、ちょっと着てみて~!」と頼んでみると、さすがに彼はグルン族出身。慣れた手つきで着て見せてくれ、デモンストレーションと相成りました。

Img_0573 Img_0574
Img_0575 Img_0576

イケメンのデボス君に幸あれ~♪

モデルありがとう~^^

Img_0581
デボス君が着たバングルを毎日眺めてにんまりの私なのです~~笑

出発のときに作って下さったおばさんに挨拶に行くと、とっても喜んでくれて、握手握手。

皆で記念撮影になりました。 大事にしますね♪

Img_0601002_2
朝食を終え、待望のヒマラヤザクラへと向かいました。

この日は大樹のヒマラヤザクラを見学して、バスでポカラへ向かい、

その後、飛行機でカトマンズへと戻りました。

そろそろ旅も終盤。

荷物を車の植えに積み込み、出発です

Img_0607
さぁ、待望の大樹のヒマラヤザクラはどんなだったか。

明日をお楽しみに!

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

マンションの庭仕事納め

Img_1247001


今年の花壇作り、終了。 

足りなかった苗を買いに行って、黄色いリナリアの位置を中心に変えて、これで良しとしました。 完ぺき主義に陥りやすい私の性格。 でも作品を作るのに妥協はいけません。 なんとなくしっくりとしなかった花壇。 これで納得できました。

道行く人々の声に励まされてとってもいい時間を頂いた一年。

Img_1232
何を一番得たかというと、好きなことは全く苦にならないと言う確信。

楽しくて楽しくて♪

来年は、植栽理事としてマンション全体のお庭を維持させていただきます。

色々と野望があふれてきて、調子に乗り過ぎないように自分を戒めたりしてもいます。

私の庭じゃないからね~やり過ぎないようにしようっと。

全くと言っていいほど、植木以外の花がない庭。

さりげなく気持ちのいい花が植えたいなー

Img_1254001
少しばかり花壇の苗が残ったので、第一弾として少しビオラとアリッサムを植えました。

お庭に初めて花が咲きました♪

+++++

只今、両親の家のリフォームと我が家の整理中。

12月はそれに時間を費やす覚悟をしたものの、終わるのかな~~

あと、何日あるのかな 今年

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

ポインセチア@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 21

Img_0405
もうすぐクリスマス

お花屋さんの店先は本当に綺麗。赤いポインセチアの植木鉢が沢山並んで華やかですね。

アジアを旅すると、写真のような背丈の高いポインセチアの花を良く見かけます。 今では、こんなポインセチアの姿にも慣れてきましたが、初めて木のようなポインセチアを目にした時は、びっくり! 驚いたものです。

ポインセチアって原産国はどこなんでしょう?

日本では、寒い時期に見るので寒い国の花かな? と思うと、原産国は メキシコ、中央アメリカ。暑い国の花なんですね。この間もインドネシアのバリ島で沢山見ました。 しかし、こんなに標高の高いネパールでも咲くんだ~ と、少々驚きました。そりゃそうかな~? こんな寒い時期に咲いてるんですものね。ある程度の寒さには耐えるのね、という認識に変わりました。

が、もともとは暑い国の花。調べてみると、やっぱりそれほど寒さには強くないようです。5度以下になると葉は黄色くなってくるようです。 

ネパールで一番沢山見た花はマリーゴールド。 その次はポインセチアかな? なんて思えるほど、よく見ましたポインセチア。

こんな白いのやピンクのもありました。

Img_9460
黄色と対照的な赤いポインセチア。とてもよく目立ちます。

Img_0426001
ダンプス村を散歩していると、綺麗に咲いたポインセチアに出会いました。

Img_0432

よく見るとなんかかわった唇みたいなのがくっ付いてます。へーー、こうなってるんだと初めて知ったので、皆も見てみて~~ これは一体なんじゃ??? 蜜線ですか?

Img_0432001
何度見ても奇妙?!?!

花は緑色のガクでわかる部分で、赤いのは苞葉。 日本でよく見るポインセチアは花の部分が小さいのが多いので、あまり花の部分は目に付きませんよね。

日本では、クリスマスにあわせて売り出す為に、観葉植物として、クリスマスの時期にあわせて短日処理をして、紅葉させています。

ポインセチアのような花の形を杯状花序というんですね。 

今知りました。(学んだよ~)

杯状花序とは

雌花一つ、雄花数個がまとまって花序を構成する。ただし、雄花雌花はほとんど単独の雄しべ雌しべにまで退化し、それが杯状になった総苞の中に収まる。トウダイグサ類。ウイキペディアより

そのほかのことはここをどうぞ→

http://www.yasashi.info/ho_00003.htm

改めて花をゆっくり見て感心した瞬間でした♪

知ってるようで知らないポインセチアでした。

Img_0405001_2

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

素敵なロッジ♪バサンタ・ロッジ@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 20

お昼をかなり回った頃、やっとダンプスのバサンタ・ロッジに到着しました。

Pb120449
今回は、KER & DOWNEY という会社が経営しているロッジを巡っています。 前の日に泊まったロッジも素敵でしたが、ここもとても暖かい雰囲気のするアットホームなロッジでした。 またまた私好みです♪

さっそくお庭でランチ。

先に到着したイギリス人グループはそろそろランチを終えるところでした。青空の下、お庭で食べるなんて、ピクニック気分で最高です。 

Pb120454
ランチはと言うと・・・面白いことにインスタントラーメンのスープから。

Pb120455
続いて、嬉しいことにトルティーヤみたいなのが・・・

Pb120459
野菜やチーズやサラミを載せて、

Pb120460
繰るくるっと巻いて・・・ちょっと辛いサルサソースのようなのをかけて・・・

Pb120467
かぶりつきました

おいしい~♪

ポテトフライもいいですね。

Pb120461
平屋建てのかわいいロッジです♪

Pb120468001

ロッジの規模が大きくないので、この日は二人部屋。 たまには人と一緒にいるのもいいもので、なんだか人と一緒だとちゃんと動きますね。 1人だと、まずはだらーんと寝ちゃったりするのに、さっさと動けて、荷物の用意とかもなんてスムーズに出来ること!なんて思っちゃいました。たまには二人部屋もいいですね。

お部屋の中もカワイイんですよ。

Img_0389
Img_0397
洗面所の赤いギンガムチェックのようなカーテンがとっても気に入っちゃって、うちの寝室のカーテンにしたいな・・・と、只今似たのを探してます。笑 織りがしっかりしてて良かったな~どっかにないかな・・・川島織物とかのカーテンにありそうだけど・・・

Img_0391
寝室の窓枠の一部を緑に塗っちゃおうかな・・・なんて・・・この部屋にいるだけで、いろんなことをわくわく考えてました。 でも、その前に片付けなくちゃ~~ 親の家から運んできたものがまだ瓦礫の山のようにあって片付いてません。やっと、親の家は全部空っぽにしたんですけどね。ふー、やっと終了しました。

その話はいいとして、夕方ハッピーアワー(食事前のフリードリンクタイム)のあった部屋では暖炉に火が燃やされ、いいムードでした。

でもやっぱりこのロッジの一番は朝とお昼に食べるこの場所。

Img_0559001
ヒマラヤの山々を眺めながら、ゆったりと時が過ごせるお庭が最高でした。

Img_0554001
誰か、こんな別荘作って~~!

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月19日 (金)

ダンプスに到着@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 19

峠の茶屋から一気に下って、ダンプス村に着きました。 村に入るときには、リーダーのデボス君がチェックを受けて入村料を支払っていました。

ダンプス村では、こんなお茶目な顔が迎えてくれました。

子どもの笑顔はそのまんま。 いいですよね♪
Img_0366

Img_0363001
Img_0371
Img_0374
この村には、この旅行で一番のお目当ての大樹のヒマラヤザクラがあるはず。咲いててくれるかな~?どんな村なのかな~? ふふ、心が弾みます。るんるん♪ 思ったより、大きな村のようです。

Img_0382
おおー、手回しミシンです。 面白そう~~

Pb120444001
途中、織物をしている光景に出会いました。 もちろん、織物には興味ありです。 なので、見てるとだんだんと皆から離れて・・・

Pb120429001
Pb120435001

あれ、もっと見たいけど急がねば~~ またあとで来れるかな~? ガイドのレジェスがこっちから行くと早道だよ~と、教えてくれた道を行くと、嬉しいことに大きな桜の木の下を通れました。 いいね~、レジェス! 桜いいわねー♪ 

Pb120438001
ここで、初めて日本人のカメラおじさん達に出会いました。 おじさん、私を見つけるなり、「今は曇っちゃったけど、今朝は最高だってね、沢山写真が撮れたよ、もう今は曇っちゃったね~」 今朝は良かったのに、今ごろ到着とは残念だね~~とでも言いたそう。そうですね、良かったですね~と言ったけど、あのおじさん達自己主張ばっかしだったな・・・ま、いいか~~笑 明日の朝もきっと綺麗だよ~~ くらい言ってくれると良かったのにね。

Pb120440
桜はおおらかな心で、「いいじゃないか、みんな嬉しいことは自慢したいんだよ~」と微笑んでいるようでした。

そうだね、桜さん、こんにちは♪

遠くでは、元気にサッカーをしている子ども達の姿が見れました。

Img_0384001
村をさっと通るだけで、多くの表情が伺えるネパールの村。 日本はかなり閉鎖的になってしまっている町々。 残念ながら、人と人との壁の厚さが随分と違ってしまったようですね。
Img_0385001
「さ、ロッジの到着ですよ!」のガイドレジェスの声。

ほー、やっと着いたのね。

お腹もすいたし、ホッとしながらロッジの入口に入りました。

Pb120449
Pb120450
Pb120451
どんなロッジでしょう? マリーゴールドの黄色が迎えてくれました。 いま、この写真を眺めてみて、マリーゴールドいいなー♪なんて思い直しています。 マンションの庭の通路脇に増やそうかな。

明日はランチ風景から始めます♪

では

*****



 

| | コメント (2)

2014年12月17日 (水)

体感イメージして実現へ

本当なら、千葉の山に登って、道の駅で美味しいもの(もう決めてました、カワハギのお刺身を食べると・・・)を食べて、お正月用のスイセンを買って帰る日のはずでした。が、ががが、どうも体調が思わしくなくて、無理するのはやめようと、今日の山歩き講座は欠席しました。

でも、ゆっくりしている暇は無く、朝から花壇の手直し、両親の家から荷物運び出しと、めちゃくちゃ動きました~~花壇は白いアリッサムで周りを囲むと少しまとまりました。

Img_1222005
あと、四方にムスカリとクロッカスの球根を植えました。

Img_1229002
中心にの列に カレンデュラのコーヒークリームをもっと植える予定。 届くのを待ってます。カレンデュラというのは キンセンカの学名。 このコーヒークリーム色のカレンデュラは日比谷公園の花壇で植えて気に入ったもの。

まん中辺りには、チューリップも顔を出す予定。 そのあとは オルレアも顔を出します。

楽しみ~♪

寒いでしょ~~???と、皆さん、心配しながら通って下さるのですが、全然寒くないの。好きなことをしてると、ぜーんぜん苦にならないですよね。 不思議なほどです。

きのうは、寒いし雨は降るし、どーも動く気にならない。いつも行くカイロプラクティックに行くと、どうしたの今日は、顔が黄色いよ、黄疸が出てるよと、いわれちゃいました。大人しくしてよーっと。

なので、大人しくこんな本を読んでました。

Nlp_2 Nlp1

願いが叶うNLP と 「体感イメージ」で願いをかなえる どちらも 山崎啓文著

脳の使い方に問題があった!

コミュニケーションの手法として開発された「NLP=神経言語プログラミング」は、自分をよい状態に置き、なりたい未来を〝体感〟して実現に導く、実践的な願望実現法である。

人間のもつ脳の特性から願望実現のためのワークまでを、丁寧に解説。NLPトレーナーとして活躍する著者が自らの経験を交えて語り尽くした、「願望実現法」の決定版!

脳と意識を上手に使い、なりたい自分を引き寄せる極意と実践法。

+++++

結構昔から私はこの方法を実践してます。

興味ある方読んでみて! 願いはきっと叶いますよ!

花壇に花を咲かせることも、理事になってマンションの庭に花を咲かせることも、毎日楽しくイメージしてます。頭の中ではるんるんでお庭の手入れをしてますよ~♪ さ、これからどういう風に実現していくか乞うご期待です♪

では

*****

| | コメント (2)

2014年12月15日 (月)

花壇の植え付け

今日は、マンションの花壇の花の苗の植え付けをしました。

去年初めて苗の植え付けをやったときには、最後私1人になってしまって、ほぼ一日中かかって、めちゃくちゃ疲れたのを思い出します。 

今年は嬉しいことに、5人で作業が出来ました。庭の会も少しは前進できたかな。。。1時間半ぐらいで終了。上出来とは言えないけれど、どうにか用意できた苗だけは植えられました。

Pc151219002
苗を植えるのも初めてに近い人達が、ほとんどなので、眺めてみて色々思うこともあります。 やっぱり、白妙菊はビオラに直そうとか、水を花の上にかけたみたいで、せっかくの花が倒れてひどい状態になってるとか、円が丸くないとか・・・色々ありますが・・ひとまずOK!!!

あとは、もう少し苗を買い足して、もっともっとステな花壇になるように手直します。

皆で楽しくやれて、とっても嬉しかったぁ^^

それが一番です。

ひとまず、年に2度の大作業が終わりました。

ほっ♪

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

二胡に酔う

1506978_723583681053537_59427099870
きのうは横浜・赤レンガ倉庫のモーションブルーに、二胡を聴きに行ってきました。

チェン ミンのバースデー・ライブ 素晴らしかったです^^

容姿もうっとり~ 話術のセンスもなかなか

もちろん 演奏は素晴らしく

目にも耳にも、かなりの刺激を頂いて帰りました。

我が容姿に、ビシッと鞭を打たねば・・・

身体を引き締めるために、さっそく何か策を講じます。

沢山聞いた曲の中でも、新疆ウイグル地区の曲にとても惹かれました。 パキスタン・フンザに行ったからかもしれません。 ウイグル地区はフンザから少し北。 カラコルムハイウェイは新疆ウイグル地区へ通じます。

昔から 二胡を聞くのは好きだけど、ライブは初めて。 誘ってくれたkayoさん、ありがとう♪ 極上の時間でした。

陳敏(チェン・ミン/Chen Min、1968年12月13日 - )は中国蘇州生まれ、上海出身の二胡奏者。幼少の頃より上海音楽学院教授である父、陳龍章から二胡を学ぶ。母は越劇女優。

もっと詳細はこちら

さっそくCDを買いました。

当分二胡にはまっていそうです。

Securedownload002
横浜赤レンガ倉庫は、寒い中、クリスマスのイルミネーションを楽しむ人々で賑わってました。夜店が沢山出ていて、私もホッとチョコレートでも飲んで帰ろうかな~なんてちょこっと思いましたが、1人ではね~ さっさと家路に着きました。写真ひどいですね。こんなの載せちゃうの~? 載せちゃいましょう~

選挙に行ってきます。 

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

峠の茶屋@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 18

トレッキング途中で出会ったヒマラヤザクラ

Img_0046
写真を撮っていると、下からちょうどイギリス人のグループが登って来ました。彼らもこの桜を見て「綺麗ねー」と、ニコニコしながら、「SAKURA~!」と叫んでいました。でも、感動の度合いが違いますね。単純に「ほーっ!」てな具合。 私達は「ぉおおおお~ぉおおおお~~~!!!」って、息を伸ばす時間が何倍も長いって感じかな?!笑

桜に対する想いは日本人は格別ですものね。

桜の為にネパールへ!っていう人もいますものね。(ほほ、私の事です。笑)

Img_0042

パチパチとしつこく写真を撮ってる間に、彼らはあっという間に遠くのほうに行っちゃいました。

Img_0123
シェルパーさんが同じユニフォームなので、きっと今日泊まるロッジは同じです♪ 目立つユニフォームです、緑色のジャージ。どうもいまいちステキじゃないの。でしょ~?!シェルパーさんはまだいいんだけど、ロッジでも従業員がこの格好。この格好で食事とか運んでくれるのがどうもね。。。 ロッジではユニフォーム変えればいいのにな。。。

Img_0003
さっきのイギリス人グループにかなり遅れながら、私達は花を見ながらてくてく

こんな花を見ましたよ。

Img_0088_4 Img_0219

Img_0117001 Img_0239

Img_0165 Img_0210001
Img_0227
Img_0267
Img_0265

お馴染みの植物達もいっぱい咲いててびっくり。 ここは日本?と言ってもおかしくないほど似た植物相でした。

Img_0234
この辺りはユズリハの森。見渡す限り、ずーーと、ユズリハの木です・・・ユズリハの森なんて初めて~

時々、興奮させてくれたのが、ランの花達^^

Img_0253

Img_0259
Img_0272

Img_0357
少し遠くに咲いているのでこんな写真ですが、色々楽しめました。 もう少しで峠の茶屋がありますから、そこでお茶にしましょう~ と言う声。 やった~! この間のインドの旅で一番おいしかったのが、峠の茶屋のチャイ。

インドの峠の茶屋、それはこんな場所でした。

P7180343
ネパールの峠の茶屋はどんなだろう? ふと7月に行ったインドの茶屋を思い出しました。 もう私の頭の中の峠の茶屋はこんな感じで凝り固まってます。

P7180360
峠の茶屋~~♪ るんるん♪ 勝手な想像で楽しみに到着したネパール・ポタラというの峠の茶屋は~~ おーまい、ごーっど!!! 頭ががーーーーん ネパールの峠の茶屋ってこんなにお洒落なのね~~そこには、休憩のための茶屋が数件並んでいました。茶屋というよりカフェではないですか。 お洒落な空間が広がっていました~~

Img_0286
Img_0294001
道端には、土産屋さんもあって、いやーん、私の大好きな手編みのソックスや帽子とかも売ってるではないですか。 買いたーい! 

Img_0292
買いましたよ、もこもこのソックス。優れものなんです、中がフリースになってるの。今もキーボード打ちながら履いてますよ~♪ 珍しく娘も喜んでくれて履いてます。

Img_0301
シェルパ達も休憩。

Img_0301001
おー、WIFIまで完備だわ~ こんな山の上で。

ここはまるでスイス? と、思うほど。明るい空間が広がってた峠の茶屋。 でも出てきたのはプラスチックのカップのチャイ。 ほほほ、やっぱりスイスじゃなかった~~笑

Img_0310
味は・・・美味しいけど、ごめんなさい、やっぱりインドの峠の茶屋のチャイがNO1でした。あれはきっと当分変わることがないな・・・

Img_0318

流しの楽隊がやってきて、またレッサン・ピリリを聞かせてくれました。 楽しい♪

さ、もうひと頑張り、歩きましょう

では

*****

 

途中の茶屋のあるポタラに到着しました。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

メインツリーが輝いた

Pc101200001
今朝は、早くから花壇の土つくり。 堆肥や薫炭とか入れて土作りをしました。 スコップでえんやこらさと頑張りました。これであとは花を植えて新年を迎えなくては。

そのあと、お庭の会一年ご苦労様会。 そして帰ってくると、造園屋さんがイルミネーションを取り付けてくれてました。ソーラーで輝く200球16mというイルミネーション4個。 2時間以上もかかって取り付けてくれました。

Pc101203
こんなアクロバット的な取り付けをしてくれるKさん。 ひゃー、見てられない! 大体このこぶしの木はあまり頑丈じゃないわよ~~

お願いして、この間作ったリースも木に取り付けて貰いました。

Pc101198
Pc101207
Pc101209
いい感じに取り付け終了♪

道行く人が「楽しみですね~」といって通っていってくれます。

どうでしょう? イメージでは、いいはずなんですけど。イメージ通り輝いてくれるでしょうか? ちょっと不安だな~~

早く暗くなっておくれ~

暗くなったので、急いで駆けつけてみると・・・

ほーーー、いいじゃないの~~

我が住む街にぴったり、品良く輝いてました。

大成功!!!

ぴんぽーん♪ 呼び鈴が鳴りました。

今見に行ったけど、あまりに綺麗だから、ピンポンしちゃった!!!

ありがとう~~♪ 嬉しいね~~♪ なんて言われちゃいました。

私こそ、嬉しい~~

Pc101217
マンションに灯火が、

住む人の心にも灯火が・・・

この光景を見て、新しく庭の会のメンバーが一人増えました。

夜は、お風呂の工事の人まで来て、超忙しかった日。

疲れたけどいい日でした。笑

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

ヒマラヤザクラはこんな桜@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 17

今朝もぐんと冷えてますね。

昨日はダウンしてブログ書けずに寝ちゃいました。

することが一杯あって嬉しい悲鳴です。

+++++

さて、旅5日目。 アンナプルナ山群や尖がり三角のマチャプチャレを見ながら、のんびり歩きました。ぜーはーはー言うこともなく、楽しい歩きです♪

時々、わー、凄い! 綺麗! と、この旅お目当てのヒマラヤザクラが顔を出してくれます。

Img_9944
光を透過して輝く花がとても綺麗。 道には落ちた花びらがちらばってまるで絨毯のよう。何気ない道路もちゃんと石が敷いてあって、車が滑らないように?ロバが歩きやすいように? 整備されてます。

Img_9963
突然大きくしてみましたが、ヒマラヤザクラの顔。 朝露にぬれてて綺麗だったのでパチリ 中心の方のピンク色はかなり濃くなってますね。

Img_9981001
どんな花弁の形をしているかというと・・・

Img_9985
こんな写真で分かってもらえるでしょうか

Img_9988
ガクの部分が太くて長いかな。 しっかりしてるので、花びらがちらほらと散らずに、花ごと落ちちゃうのでしょう。

Img_9990
もう一度上を眺めてみると

ほー  うっとりです♪

Img_9948          学名 : Prunus cerasoides

ヒマラヤザクラ
(ヒマラヤ桜 )はバラ科サクラ属の樹木。桜の野生種の一つ。英語圏ではWild Himalayan Cherryとも呼ばれる。東アジアに見られる落葉性の樹木である。ヒマラヤが起源と考えられており、インドのHimachal Pradeshから中国南西部、ビルマなどに見られる。海抜1200mから2400mの高山の森に生える。また、サクラ自体もヒマラヤ近辺が原産と考えられている。

と、ウイキペディアには書かれています。

開花時期は 11~12月 亜熱帯の標高1100~2300メートルの地域に咲きます。 高さ30mの高木になるものも。葉は楕円形で互生。 鋸歯があり先は尖がっています。

日本でも数箇所で見ることができますよね。 良く知られているのは、熱海。 熱海市役所が今年も開花情報を提供してくれています。どうして熱海にヒマラヤザクラが植えてるのかと言う経緯なども書かれてますよ。ぜひご覧ください。http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=392

あと、農大や小石川植物園や新宿御苑でも見られます。

それにこの桜、二酸化炭素を良く吸収すると言うことで、環境面でも見直されてはいますが・・・さて、本当に日本に植えられて、このヒマラヤザクラちゃんは幸せなの~~? と言う辺のことは、このHPを見てみてください。 

このはなさくや図鑑 桜「10」の誤解 (雑談編) 環境浄化木としての面をもつヒマラヤザクラ~日本の環境にあっているのか? と言う記事です。桜10の誤解っていうのも興味湧くでしょ?!

http://www7b.biglobe.ne.jp/~cerasus/gimon10/treedrgokai3.html

Img_9945

もう少しネットで調べてたら、こんなのも見つけました。

高橋 修先生が前回いらしたときに掲載された記事でした。

これは絶対ごらんあれ~~!これはMUSTでしょ~笑http://yamachizu.mapple.net/column/column.asp?TCLMNO=741

Img_9928
向こうの村のほとりにも植わってますね。

その遥か向こうには、ヒマラヤの山々が聳えて、村を見守っているかのようでした。

Pb120427
では

テレビでマッサンが始まるので失礼致します~~♪

*****

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

アンナプルナの朝焼け@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 16

旅5日目 

ロッジでは、ティータイムですよー♪の声で目覚めました。

Img_9899001
お部屋まで、目覚めのモーニングティーを持ってきてくれます。

お部屋の前からの展望も良く、朝焼けのアンナプルナ山群とマチャプチャレが、いきいきとした姿を見せてくれていました。

Pb120339001
↓こんな具合に写すといいですよ、という、T先生のお手本の写真を、ほーと感心しながら覗いているところ。

Pb120379001

そして、こんな撮影会も・・・

Pb120388
和気あいあいと楽しいメンバーでした。

私は、山はどうも対象が大き過ぎ?偉大すぎ?で、圧倒されるものを丁寧に写すほどの力はない気がしてさっと数枚とりました。

花のような小さいものとは息が(心が?)合わせられますが、山とは無理~~です。山には力を頂くだけ、そっと写真を撮らせていただく、そんな感じでしょうか。

Pb120354
朝日に燃える時間はあっという間。 朝焼けはやはり感動的ですね。 見れて良かった!はー、って感動してみてたら、どんどん赤みが消えていって、急いで写した写真です。

Pb120364003
マチャプチャレも輝いてます。

さ、今日もいい日になりそうです。

今日は少し長いトレッキング

朝早くでて、昼過ぎにダンプス村のロッジに到着予定です。

結果は、到着は2時ごろだったかな~~

さあ、出発です~ 荷物、本当にご苦労様~~ 重いよ~~うちのパパさんにこんなことできるだろうかと、想像してみたけど無理~~ 籠の中にちょこんと座ってる姿が浮かんだわ~~ 日給1000円程度だそうです。 ホント、ありがとう。 頭でベルトを支えています。

Pb120418
Pb120420
まずは、少し登りだって言ってたけど・・・

少々、不安ながら出発~♪ そんなに長い急登じゃなかったです。 ほっ! 苦しまないトレッキング、ゆっくりのんびり 程よくてよかった~ 花も見れたし。。。ガイドとお馬鹿な会話も楽しんだしね~~ 変な日本語を教えちゃったわよ~~ 日本語ガイドのレジェスのお腹が出てるから、腹でかい! とか 尻でかい! とかねーーー 皆さん、綺麗!とかねーーー笑 

ま、そんな話は言いとして・・・

朝食はこんなでしたよ。 シンプルだけど美味でした。

Pb120390
Pb120398
では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

グルン族の村@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 15

ロッジから、近くのグルン族の村へお散歩に行きました。

Img_9805
道端ではかわいい花が咲いています。このブルーのクローバーのような花は、学名はParochetus communis パロケツス・コミュニス 詳しくは、T先生のブログへ飛んで下さい。
http://takanesumire.blog15.fc2.com/blog-entry-1594.html#tb

Img_9802001
勿忘草のようなムラサキ科の花。

Img_9743001 Img_9806_2

この花は結構たくさん咲いていたけれど、正体がわかりません。もうちょっと暇になったら、ヒマラヤ図鑑を眺めて探してみますね。

少し歩くと、村の入口に到着。

Img_9809
入口の印なのでしょう、チベット仏教の旗がたなびいています。

Img_9820
人里にはマリーゴールドがたくさん植わっています。

稲刈りが終わった畑が輝いて目に留まります。

Img_9817

Img_9813
村のほとりにヒマラヤザクラが・・・一緒にバナナの木があるのが面白いでしょ。日本では考えられない取り合わせです。 稲刈りの終わった田んぼに桜にバナナです~♪

Img_9853

村の中では人が集まっている家があって・・・あとで知ったんですが、お葬式だったんだそうです。写した写真を大きくしてみると・・・

Img_9815001
男の人が坊主になっていますよね。

Img_9815002
亡くなった人の親族は坊主にして、ずっと一年間坊主のままなんだそうです。(ガイドのレジェスがそういったと思いますが、確かではないので参考までに。)

この坊主頭、面白いことに、髪の毛をちょっと残すんだそうです。

Img_9860
ね、ちょこっと残ってるでしょ、髪の毛が!

あともうひとつ、男の人が着ているバングラという白い布が印象的でした。

この布を作っているおばさんに出会って、買って帰って、今は我が家のベッドの後ろにかかっています。その話はまたにして~~

Img_0200001
風呂敷のような真四角の布の両方の端を結んで、タスキ掛けのように被って着ているのですが、、、

Img_0202001

物を入れてザック代わりにもなります。 男性だけかと思ったら、女性も着てますね♪

そういえば、お葬式ですが、何故かお葬式に縁があったのか、バスで移動している時にも何度かお葬式を見ました。 黄色い布で包まれた遺体を担いで運んでいます。マリーゴールドで綺麗に飾られてます。 何に興味を持ったかと言うと、後ろに丸太棒を肩に抱えた人がたくさんいるのです。 何かなー?と思ったら、丸太棒がお香典なのだそうです。遺体を燃やすのに、沢山の木が必要なので、丸太がお香典代わりとは、、、へーーへーーへーーなるほど~~合点でした。

村では

Img_9854
ドアの彫刻がステキ!青い色ととうもろこしのベージュの色がマッチしてますね。

Img_9859
Img_9830001
Img_9885
シコクビエが干してあります。

Img_9877
郷愁を感じて、心が落ち着きます。 

Img_9873001
さ、そろそろロッジに帰りましょう。 ティータイムの時間です。

Img_9889
ちょうど、ハイスクールの子ども達が帰ってきました。 ナマステ~~

一体どのくらいの距離を歩いて帰ってきたのでしょう。一時間ぐらい歩くのは当たり前の生活でしょう。笑顔を残してすれ違っていってくれました。

さ、帰りましょう。

ティータイムにハッピーアワー(食事前のフリードリンクタイム)に夕食が続きます。シャワーも浴びなくちゃー 忙しいわよ~~笑 るんるん♪

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

好きなことだけ

今日の心屋仁之助さんのブログ、私がこのところ、一番心に留めてることが書いてありました。皆さんも読んでみて頂ければ嬉しいな。

あなたは、人の為だから~人に役立つことだから~人に喜ばれるから~

と生きていませんか?

http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11960801555.html

人に喜ばれなくても

あなたがワクワクすること、どんどんして欲しいな~♪

今日も言われました。

マンションの理事になって大変ね。

そう大変です。

でもやりたいんです。

お庭を綺麗にしたいんです。そのことを考えるとワクワク~♪

だからやるんです。 やりたいんです。

他にも言われました。

来年は理事になって、忙しくて旅行どころじゃないでしょ~?!

あれだけ旅行すれば十分でしょ~

(ほほほ、旅行しますよ~~!!!)

でも、その方にあわせてちょっと言ってみました。

そうですね、去年はちょっと旅行しすぎですね~♪

その人は、とても嬉しそうな反応をしてました。

(でも、私は旅行するのよ~~)笑

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 4日 (木)

クリスマスリース作り

Image_7

おとといのガーデニング教室で頂いてきた材料で、リースを作りました。

部屋中、ヒバやドイツトウヒの匂いであふれてます。

いい香り~♪

I先生の長野の実家のグリーンコテージガーデンに植わっていたドイツトウヒの木を切ってしまったということで、使って頂けると、その木の供養にもなるからと頂いたトウヒの枝です。

アジサイのドライフラワーも素敵。

優しい感じのリースになりました。

これに、リボンをつけて少し華やかさを足したいと思っています。

というのは、外の花壇のメインツリーに飾ろうと思うから。

玄関ドアなら大人しくてもいいけど、人の目を引くリースはもうちょっと派手さが欲しいように思います。

でも、ひとまず出来ました。

楽しいひと時でした。

皆さんの家のクリスマスムードは盛り上がっていますか?

子どもや若い人がいなくなっても、自分の為にクリスマス空間を作るのもいいですよ。

そして、ワインとかで1人で乾杯とかね~

もちろん、ご主人とお時間の作れる方はお二人で~~

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

ヒマラヤの山々と歩く@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 14

Img_9727001
チャンドラコットの村には、見晴らしのいい東屋があり、そこで少し休憩。以前はこのルートはポピュラーなルートでたくさんの人が歩いていたとか・・・Sさんが、私、ここに来たような気がする・・・なんて言ってました。T先生も何十年も変わらないなーー。宿屋のおばちゃんはもういないのか・・・って懐かしそうに言ってらっしゃいました。

今はほとんど歩いている人に出会わないので穴場かな。

東屋からの眺めです。皆ぱちぱちと熱心に写してました。アンナプルナ山群とマチャプチャレ。これから、毎日ずーっと一緒にいてくれた眺めです。

Img_9733002
マチャプチャレとは、魚の尻尾という意味です。頂上のほうの左側、ひだ(ヒマラヤヒダというそうです。)がある部分が魚の尻尾の形をしているからです。

マチャプチャレは神の山で登頂してはいけない山。なので未登頂の山です。

Img_9737
ホテル・ニルヴァナ・チャンドラコット 懐かしい人もいるのかな?

Img_9740
左手に山々を臨みながら歩きます

Img_9749001

歩いていると、道端でチョウタラというこんな台によく出会います。私達がザックを置いているように、シェルパ達が荷物を降ろして休む場所。町中でも良く見られ、人々が座っておしゃべりに花を咲かせています。

チョウタラには、普通 ベンガルボダイジュとインドボダイジュが対で植えてあり、涼をとる場所になっています。 

あー、それにしてもいい眺めじゃ~

Img_9747001
村人達にも出会い、ナマステ~~

笑顔の人が多いな~~

そろそろロッジかな・・・? そろそろランチ食べたいよね。

後ろのカメラマンさん達遅いね~~先に行っちゃおうか~~

なんて言ってると、道の真ん中にこんなかわいい黄色いツリフネソウが咲いてました。

Img_9751001
背丈が低いけど、花は意外に大きい。

Img_9752_2
横顔が面白いです。
Img_9757
なんだか角みたいなのがありますよね?!
Img_9753
かわいい子でした。

もうちょっとでロッジですよ、ガイドのラジェスに言われて、えっちらほっちら、がんばりましょうーロッジまでこんなプロムナードが続き・・・

Img_9761001

トミジュンのマラ・ロッジに到着しました♪ 

Img_9762
お邪魔します~~ナマステ~~

Img_9764
中は想像以上に広くて・・・気持ちいい空間が広がっていました。

Img_9769
Img_9767
東屋でウエルカムジュースが頂けました。 スイートライムのジュースです。

Img_9773
お昼をとっくに過ぎているので、すぐにランチにしましょう。

Img_9774
トマトスープに
Img_9776
こんなのでした    チャーハンみたいなご飯が美味しい♪

Img_9777_2
他にはフランス人ご夫婦が一組いらっしゃるだけ・・・ 静かでいいです。ご主人がルノーの会社の人で、横浜の日産に務めてたことがあるんだよ、と言ってました。

ボンジュール♪ サバ?

Pb120404

4番の部屋、ここねー
Pb120403
部屋に入ってみると・・・

Img_9780
とっても暖かいムードの素敵なお部屋でした。 

この空間大好き~~このまんま、部屋ごと、そっくり横浜に持って帰りたい!

テンションアップです!

Img_9788001
お部屋には ダウンコートや帽子や手袋やちょっとした手提げ袋まで用意されてます。

Img_9782
↓これ欲しかった!
Img_9790
それにあったかい湯たんぽも

Img_9896
あったかかったですよ

シャワーはこんなでした。

Img_9783001
ソーラーで温めるといってたけど、お湯もたっぷり出て、ここがネパールの山の中とは・・・そんなこと忘れちゃうほどの快適なロッジでした。 しあわせ~~

さ、近くの村へお散歩しましょう。

休んでてもいいですよーと、言われてもどんな村か行ってみたいし・・・休む暇ななしだ~

でも、楽しい~~!

というところで、あしたにします。

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

日比谷公園で苗の植え付け

日比谷公園でガーデニング講座でした。

Image_5
月に一回だけど、とってもいい時間。

でも、ちょっと作業しただけなのに、

ふー、疲れたぁ。

Image_6
マンションの花壇を作るのに、とても参考になります。

例えば、今日はリナリア。 リナリアは冬の寒さにとても強いらしい。

初めて知りました。

来週あたり、私も花壇用の苗を買いに行かなくてはならないのですが、

今回はデザインを少し真似させて貰おうかな。

柔らかい色で素敵な花壇になりました。 

これからの花の成長が楽しみです♪

Image_2003
この間、i pad miniを落としちゃって。

カメラのピントがうまく合わなくなってしまった~ 

なので、ピンボケの写真で、シャキッとしませんがご勘弁を!

I先生がドイツトウヒの枝とかクリスマスリースの材料を色々持ってきて下さり、いっぱい貰って帰ってきました。リースを作って、マンションの花壇のメインツリーにくくり付けると素敵かな?と思うのですが、アイデア通りいくでしょうか?

乞うご期待!

+++++

今日の日比谷公園は、イチョウの木がたくさんあって、黄色い葉っぱがふわふわっと落ちていっている様が素敵でした。

初冬を感じさせてくれる景色ですね。

夕ご飯は、寒いのでおでんにしてみました。

美味しかったぁ。

おでんの材料って重いですよね、こんにゃくとか大根とか厚揚げとか・・・スーパーの袋を3個も抱えて帰ったよ~~ それにリースの材料の袋に~~ あー、重かった~~ 主婦は頑張る!の巻きでした。

では

*****

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

続 トレッキング@ネパール・ジャングルサファリとヒマラヤザクラの旅 13

Img_9680         ヒマラヤザクラとシコクビエ畑

いつも旅をするたびに田園風景を見ては、そこで作業をする人が写したいな~と思います。

しかし、個人でのんびり撮影の旅をしたとしても、なかなかシャッターチャンスには恵まれないもの。ましてや、ツアー旅行では近くに行くこともできず、それどころかバスは止まってくれません~~ 

でも、今回はてくてくと田んぼや畑のそばを歩けました。 歩くって、やっぱりいいですね。 今考えれば、もっと畑の中に踏み込んでいけばよかったのに、、、どうも性格が大人しくて、道からしか取らなかった自分が残念~

でもしばし、撮影を楽しめました♪

 Img_9647005

籠を背中にしょって、ヒエを摘んでは背中の籠に放り込む。 その娘たちの衣装が色とりどりで黄色い畑にとても映えます。

Img_9671006
ヒエを刈ってる女性たちも、ちらほらこっちを意識して笑ってます。

Img_9699
私達のこと、なんて言ってるんでしょうね?笑

あれ何人? あんなにきちがい沙汰でカメラ撮ってるのはジャパニーズよ!とか言ってたりして・・・笑

Img_9650
刈っているのは、シコクビエ(四石稗)だそうで、ネパール語では「コド」と言うそうです。水を確保するのが難しいところでは、稲では無くて、シコクビエが植えられているようです。

ネパールでは、シコクビエで「ロキシー」という焼酎を造ったり、練って団子状にして食べるようです。ネットで、シコクビエの畑の写真が見たいなーと検索していたら、こんなのに出会いました。棚田の写真も素敵です。

シコクビエの「ディロ」という青い団子状の食べ物の写真→写真家 青柳健二さんのブログです。http://asiaphotonet.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-5b9b.html

歩いていると水牛に出会いました。

Img_9709002
水牛に出会うと、道を空けて端によりなさいと教えられてます。 おー、初めてなのでちょっと緊張。。。ま、おじさんが一緒なので安心ですけどね。

Img_9661
またまた綺麗なヒマラヤザクラが待ってくれました。

道の脇には
Img_9702         ヒマラヤノボタンが・・・花は少し小さめですね。

Img_9700         ヤマハハコ
Img_9714

1時間ぐらい歩くと、チャンドラコットという小さな村に着きました。

Img_9720

いい景色よ~~♪ その声に脚は軽やかに~~♪

ヒマラヤの山並みが待ってるのかな?

というところで今日はおしまい。

寒いですね 雨も降ったし・・・

みなさま、身体に気をつけてくださいね。

私は、両親の家の片付け続行中。 今日はテレビとか冷蔵庫とか残りの大きなものを持って行ってもらいました。いかに安く持っていってもらうか、値下げ交渉はネパールで鍛えたからお得意です~笑 あとは、もうちょっと粗大ごみがあって、次はリフォーム開始です。まだ続くな~~

では

*****

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »