« パラキレギア・ミクロフィラ@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 16 | トップページ | 泣きました! »

2014年8月30日 (土)

カングサール到着@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 17

Img_4538
途中、工事などで、ストップしながらも 4390mから一気にバル(峠の茶屋)のある3505mまで下りました。休憩です。トイレも済ませ、すっきり。がたがた道と断崖絶壁のスリルでの緊張感もここでほっと一息つけました。

ここのチャイ(マサラティー)がほーーーんと美味しかったの。

わが人生で一番美味しいチャイとなりました。

Img_4540_2 Img_4539003

チャイを作ってくれてます。右がインドの簡易コンロ。油は灯油かな?

こんな寒いところで、裸足でスリッパだわ~


Img_4541001 Img_4543001_2

ガイドのアショクがサーブしてくれます。アショクはこれから行くカングサールの出身。とても心強いです。こんな道を越えないと故郷に帰れないのね。

寒々しい景色を越えて手にしたチャイは、おいしさも身に沁みました。

帰ってきて、何度かチャイを飲みたくなって、トライするのですが、全然おいしくないのです。峠越えしないと味わえない味なんですね、きっと。

Img_4527
緩んだ荷物も整え、先に進みましょう。

陽も傾き始め、もう夕方も近いです。ひたすら、カングサールまで進まねば。

途中、もう一度パンクしてしまうハプニングもあり、時間がとられたりもしましたが、どうにか夜8時40分頃、カングサールのテント場に到着しました。

みなさん、お疲れ様です~~

着いた~~~!!!

Img_5080
広大な牧草地でのテント生活が始まります。

Img_5082

黄色いテントがキッチン部隊のテント。真ん中の大きなテントが食事テント。後ろの二つがトイレです。

この日の星空は素晴らしかった~ 

今まで、いろんな場所で素晴らしい星空を見てきたけれど、素晴らしさ更新です。

さあ、さすがに疲れたので寝ましょう。

おやすみなさい

+++++

このところ、気になるニュースが多くおきています。

広島は私のふるさと。

大きな土砂崩れのあった地域には友達も住んでいます。

それに、広島市長の松井氏は幼馴染みの同級生。大変な事態ですね。一日も早く状況が落ち着き、人々の心に安らぎが戻って欲しいと祈っています。

+++++

昨日の代々木公園のデング熱の事件も驚きました。デング熱は、私もシンガポールに最初に住んでいた頃にかかったことがあります。当時(1988年ぐらい)は沢山の人が普通にかかっていた印象もあるぐらい。

二度目の赴任の時は、消毒もかなり頻繁で、家の中に普通にいたヤモリもいなくなり、蚊もも少なくなって、デング熱にかかる人の数はうんと減っていましたが、その分、薬をあまりに多く撒くので、シンガポール人はどうも癌などが増え、寿命が短くなったとも言ってました。勝手な推測ですが、まったくのうそでもないような気がします。

どっちもどっちで、なんともいえないですね。

では

*****

|

« パラキレギア・ミクロフィラ@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 16 | トップページ | 泣きました! »

旅行・地域」カテゴリの記事

e北インド・パンギー谷、青いケシの旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。