« 心とからだに優しい宿・ゆうわむら@西表サガリバナの旅 12 | トップページ | 花壇の手入れ+あるふぁ@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 2 »

2014年7月23日 (水)

後良川でサガリバナツアー@西表サガリバナの旅 13

7日目、西表の旅も最終日、再度、サガリバナに会いに行きました。

 民宿「ゆうわむら」は後良川(しいらがわ)のすぐそば。後良川は音100選に選ばれている鳥の声の美しい川だそうです。景色だけじゃなく、音での選出っていうのもある事に感心しました。

この日のガイドは、ゆうわむらの敷地内に住んでいる、となりのやまだくん!正式には、「俺の西表、山だ屋」 の山田くんです♪ 一人で頑張ってます。ぜひぜひご利用下さい。子どもと同じ歳位だと、もう、すぐに母親の心境になっちゃいます~ いかんいかん、そんなことより、とても好感のもてるガイドで、ゆっくり、のんびり、いい時間が持てました。最後の素敵な時間でした。ほんと、いい時間でした~~♪ 山田くん、ありがとう♪

山田くん、我がふるさと広大卒業で、北海道で広島風お好み焼き屋さんを経営していたこともあるんだそうで、ますます親近感が湧きます。ま、それはいいとして・・・

7月4日、朝5時半出発。

1img_2896           後良橋から海の眺め

歩いて2,3分、橋の上から後良川を見た時、わー!と、思いました。豊かなマングローブに覆われてゆっくりと流れる後良川。ぐぐーっと、惹きつけられます。素晴らしく豊かな自然です!

あー、ここだ~!この川だ~~! 5年まえにドライブした時、とても惹きつけられて、車を止めてずーと眺めてた川があるんです。西表で、一番素敵に見えた川。思いもよらず、その川がいま目の前に広がっていました。

何かの力に魅惑されてぼーっと眺めてた川、その川が目の前にある。 あー、知らずに来たけど、この川にまた会えた・・・この川が呼んでくれたのかも・・・ そう思った瞬間でした。 この川に呼ばれて、「ゆうわむら」に泊まり、この川をゆっくり感じる時間がやっときたんだ・・・

人は、どこを訪れるにしても、何かの理由があって訪れるように思います。5感を研ぎ澄まして、すーっと深呼吸してみました。 いい朝だ~~♪

1img_2908002
また、カヌーを漕いで川を上りますが、今回のカヌーは簡単な作りなので楽ちん~(2回目ですしね。)に焦げました。すーいすいでございます♪

1img_2906
静けさの中を進みます。

1img_2920

そのうち、いい匂いが・・・

1img_2975001
後良川はまだ咲いてないんじゃないかな?なんて言われてたので・・・期待以上のサガリバナにびっくり。濃いピンクが綺麗です。あそこはカヌーが多いから・・・なんて言われてたのも、期待を裏切り、他には一ツアーだけ。

他の人達とも一緒でないので、思う存分ゆっくりできます。

1img_3032003

少しアップでぱちり

1img_3020002_2
何百本(大袈裟ですね、何十本ですね。)とある雄しべが綺麗です。

1img_3060001               サガリバナBarringtonia racemosa

サガリバナ科の常緑高木。東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以南)に自生する。マングローブの後背地や川沿いの湿地に生育し、花が美しいので栽培もされる。

総状花序が垂れ下がり、花は横向きにつく。花は夏から秋にかけて夜間に開き、芳香を放つ。花弁は白または淡紅色で4枚あり、おしべは多数。

以上、ウィキペディアより

夜咲いて、一日で散ってしまうはかなさがまた魅力的です。

1img_3092

雌しべだけを残して、ぽとりと水面に落ちます。

カヌーだと、その音も聞こえて感動です。

↓もう少し、潮が満ちるならもっと水面に浮かぶのでしょうが、惜しい!

1img_3149001

すべての条件が整うのは難しいですね。

でも、きれい~
1img_3102004

休憩にパイナップルを食べて・・・またまた美味しいピーチパインに大満足。

川が浅いので、水に入って見ることもできます。

1img_3079001
漕いでいると・・・朝日が射してきて、素晴らしい光景になり始めました。

1img_3162001
光が水面いっぱいに広がってキラキラの世界。 

綺麗・・・

1img_3125001
一人で大興奮してました。 綺麗ですもの~~

1img_3118002_2
この景色はパラダイス!

1img_3146003
山田君は前日に届いたばかりのSUPを漕いで楽しんでます♪

SUPも面白そうですね。 立ったり、座ったり、色々で出来て、川では波もないし・・・簡単そうだけど、やってみると、立った途端、ぼちゃーんとか・・・どうなんでしょう~?!

そんなことを思っていると、山田くんのボードの上に、ぽたぽたっ!っと、二つのサガリバナが落ちてきました。ナイス~~!! 思わず、顔を見合わせてにっこりです。

1img_3191
あ、顔が見えませんね。

この方が山田くんです。

1img_3217_2
俺の西表、山だ屋の山田です~ 宜しく!

1img_3172001
後良川、静かな空間で、邪心の入り込む余地無しです(^^) スッキリ〜! このままずっとここに浮いてたい〜

西表、一番のひと時でした。

サガリバナの香りもいまだにしっかりと感じることが出来ます。

自然の呼吸と一緒になれるひと時、私にとっては大事な大事な時間です。

1img_3205                阿檀、Pandanus odoratissimus
1img_3209
マングローブの膝根や筍根やアダン(シンガポールではタコノキとかパンダンツリーとか言ってました。ちゃんととした英名はScrew pineかな?ちゃんとした英名というのも変ですがね・・・)の実も観察しながら、ゆっくりと戻りました。

1img_0018_2
楽しい旅行もそろそろ終了。

またまた、笑顔いっぱいの旅でした。

一緒に行ってくれた友に感謝です♪ ありがとう♪

わくわく、どきどきした感覚を忘れないよう、

うきうきウッキン!!!で、暮らしましょうね。

きょうも西表の自然は輝いてることでしょう。

西表島、大好きです。

では

*****

|

« 心とからだに優しい宿・ゆうわむら@西表サガリバナの旅 12 | トップページ | 花壇の手入れ+あるふぁ@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物 低木」カテゴリの記事

d西表島サガリバナの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心とからだに優しい宿・ゆうわむら@西表サガリバナの旅 12 | トップページ | 花壇の手入れ+あるふぁ@北インド・パンギー谷、青いケシの旅 2 »