« 花の桃源郷フンザを歩く 15 テキスタイルの素敵なギルミット村1 | トップページ | ジャカランダは今 »

2014年5月18日 (日)

花の桃源郷フンザを歩く 16 テキスタイルの素敵なギルミット村2

ギルミット村の続きです。

カーペットセンターへ行きましょう。

カーペットを作っているところが見れますから~

そう言われて、皆さんはどんなカーペットセンターが目に浮かびますか?

センターという響きはどうもホームセンターとか広い場所のイメージがありませんか?

イメージとしては、カーペット工場かもしれませんね。

こんな山奥の小さな村に工場が??? などと思っていました。

後ろをついて行っていると、こんな入口を入って行きます。

1img_8792_2
こんな小っちゃい入口を入って、何を見に行くんだろう? なんて思いながらくぐった入口の枠。素晴らしい彫りがあって、あっと目に止まりました。チベット風な模様です。

1img_8793

そして、薄暗い中に入ってみて、おおーっと、驚きました。想像もしなかった場所に出会う驚きと広がる色の世界に嬉しくなってしまいました。

1img_8816

あー、ここがカーペットセンターなんだ!と、やっと我に帰ったように納得。

薄暗い中には、8人ぐらいの女性がいて歓迎してくれました。なんだか知的な匂いのする女性たちです。ここは自立支援のための工房。1998年に’カラコルム地域開発組織KADO’が設立したものだそうで、16年目の現在では、伝統の織りの技術もしっかりと受け継がれ行っているそうです。

素敵な物ばかりでしたよ。 

写真で見るだけでも、楽しくなるでしょ?!

1img_8808

カーペットセンター=女工哀史の様な働かされている女性のイメージでは無く、伝統を守り、自立しようとする女性達の誇りも感じられる気がしました。

1img_8821001

素晴らしい伝統的な古い家が工房になっていて、どのうちにもある明り取りが天井の真ん中にあります。白い模様は小麦粉で書かれたもので、毎年3月、春が来た祝いに書かれるそうです。

1img_8797001

1img_8801               私、やっぱりこれがいいわ~ by emiko

これは私が作ったのよ。

これは私よ。

みんなが自慢そうに言っていました。

私も買いました。 今、うちの玄関に可愛く鎮座しています。

とってもいい買い物でした。

手が込んでいるから100ドルと言われ、100ドルはこの人達にとっては凄い金額だろと思いましたが、技術と労力を考えると妥当だと喜んで支払いました。

が、100ドル紙幣を出したら、彼女は初めて100ドルを手にしたみたいで、これは本当に100ドルかとガイドのアミンさんに真剣に聞いていた姿が頭に残っています。

1img_8834

1img_8799

1img_8804002

1img_8827

こういう職人技大好き♪ あー、まだいたいのに・・・と後ろ髪をひかれながらこの場を去りました。楽しかった~

後になって、こんな看板に気がつきました。

1img_8791

このあと、民家訪問しておじいさんの話や笛の音を聞かせて貰ったり、少しばかり村を散策。

1img_8842 1img_8859_2 

西遊さん、いろいろ楽しませて下さいます。

1img_8892
しかし、やっぱりこの村はテキスタイルの素晴らしさでしょう。

このおばさんの何気ない洋服もいいですよね。ピンク可愛い~~♪

日本のまっ黒ばかり着るおばさん!どうにかしましょう~~!って、叫びたい!笑

ちっちゃなちっちゃな布屋さんで売っていたリボンです。

1img_8896
素敵でしょー♪ もっと時間があったら、買いたかった・・・

1img_8883001_4

この子達も可愛かった・・・で、も、ふと目に入った足元の靴。破れまくった運動靴。うっと、胸に詰まるものを感じました。

べろを出して愛嬌を振りまいてくれました。

ありがとう♪

1img_8886001

採れるのは、じゃがいも、小麦かな・・・

1img_8863001

テキルタイルの鮮やかさと打って変わって、暮らす環境は過酷です。

1img_8901

色鮮やかな女性の衣服はせめてもの活力を招く知恵なのでしょうか。

では

*****

|

« 花の桃源郷フンザを歩く 15 テキスタイルの素敵なギルミット村1 | トップページ | ジャカランダは今 »

旅行・地域」カテゴリの記事

bパキスタンの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の桃源郷フンザを歩く 15 テキスタイルの素敵なギルミット村1 | トップページ | ジャカランダは今 »